NEWS新着情報

TOP 新着情報 選挙事務所を開設するのに必要なものとは?タイミングや開設方法など詳しく紹介

選挙事務所を開設するのに必要なものとは?タイミングや開設方法など詳しく紹介

選挙活動をスムーズに進めるためには、拠点となる選挙事務所が非常に重要です。しかし、これまで選挙事務所を構えたことがない方の中には、選挙事務所の開設に必要なものがよくわからないという方もいるでしょう。

今回は、選挙事務所の開設に必要なものについて詳しく解説します。選挙事務所を開設するタイミングや必要設備、開設方法なども紹介するので、最後までご覧ください。

選挙事務所はいつ開設する?

選挙活動を成功させるためには、選挙事務所を構えるタイミングが重要になります。適切なタイミングで選挙事務所を開設することで、スムーズに選挙活動を進めることができ、選挙を有利に進められる可能性があります。

選挙事務所開設に適切なタイミングは、告示日の2ヶ月前です。

選挙事務所を早めに構えることには、以下のような様々なメリットがあります。

  • 早い段階から有権者にアピールできる
  • 余裕を持って選挙関連の準備を進められる
  • ボランティアの方々との連携が深められる
  • 立地の良い場所を確保できる

選挙活動は、まず有権者に存在を認知してもらうことから始まります。早く事務所を構えることで、他の候補者よりも早く周辺地域の有権者に存在を認知してもらいやすくなります。

また、選挙活動を進めるにあたり、事前に書類の準備や作成、ボランティアスタッフとの連携を深める時間を十分に確保しておくことは非常に重要です。選挙事務所を早めに構えることで、心にもゆとりができ、自信をもって選挙活動を進められるでしょう。

ただし、厳密にいえば公式に選挙事務所として開設するには、選挙へ立候補後でなければならないと法律で定められています。事前に物件や設備を揃えておき、内部的に準備を進めておきましょう。

選挙事務所開設に必要なもの

選挙活動をスムーズに進めるためには、適切な設備や資材を手配しておく必要があります。各ジャンルごとに必要なものをそれぞれ紹介します。

オフィス機器

資料作りやデータ管理、広報活動など基本的な業務全般にオフィス機器は欠かすことができません。以下のものを揃えておきましょう。

  • パソコン・ディスプレイ
  • プリンター・コピー機
  • シュレッダー
  • 電話・FAX
  • プロジェクター・スクリーン
  • インターネット回線

オフィス家具・備品

業務に必要な家具・備品も、漏れなく準備しておきましょう。快適な作業環境を整えるために、以下のオフィス家具・備品があると良いです。

  • デスク・椅子
  • 会議用テーブル・椅子
  • 応接用テーブル・椅子
  • 書類棚・収納キャビネット
  • ロッカー・下駄箱
  • 金庫
  • 文房具
  • ホワイトボード・掲示板

広報物

選挙活動を有利に進めるためには、広報物が欠かせません。以下の広報物を準備して、多くの有権者に認知してもらいましょう。

  • 選挙ポスター
  • 選挙証紙ビラ
  • 名刺
  • 横断幕
  • 縦看板・のぼり
  • 公選はがき

選挙事務所の設置方法

選挙事務所は様々な形で設置することができます。代表的なものとして、以下のような設置方法が挙げられます。

  • 後援会事務所を選挙事務所として利用
  • 自宅を選挙事務所として利用
  • 単独で選挙事務所を開設

後援会事務所を選挙事務所として利用

後援会の事務所を、選挙活動の時期だけ選挙事務所として使用すれば、新しい土地や物件に事務所を構える必要がありません。そのため、コストや工数を削減して選挙事務所を構えることが可能です。

しかし、選挙事務所として機能させるのに十分な立地や大きさ、設備などがない場合は新しく事務所を構えた方が良いケースもあります。

自宅を選挙事務所として利用

選挙資金の調達が難しく、物件や土地に多額のコストを投資できない方もいるでしょう。そのような方が、コストをかけずに選挙事務所を構える場合は、自宅をそのまま選挙事務所として活用する方法もあります。

自宅をそのまま選挙事務所とするので、物件に費用が発生しませんし、ある程度設備も揃っている場合は設備投資のコストも削減することが可能です。

しかし、自宅を選挙事務所として利用するには、多くの課題もあります。プライバシーの確保、私的・公的空間の明確な区分、家族の生活への影響など様々な課題があるので、慎重に検討しなければなりません。

単独で選挙事務所を開設

選挙活動に特化した事務所を開設したい場合、単独で新たに選挙事務所を構えましょう。選挙活動を有利に進めるためには、短期間で多くの露出ができる場所に事務所を構えることが理想的です。

単独の事務所であれば、新しく物件や土地を契約する必要はありますが、その分人通りの多いエリアや主要道路沿いなどに事務所を構えることができ、多くの露出が期待できます。物件をレンタルしたり、プレハブを構えることが一般的ですが、近年はトレーラーハウスを選挙事務所として活用する事例もあり、工夫次第ではコストを抑えることが可能です。

とはいえ、他の2つの方法と比較すると多くのコストがかかるのも事実です。設置だけでなく、撤去にかかる費用も考慮しながら検討しましょう。

トレーラーハウスを選挙事務所として利用するメリット

単独で選挙事務所を構える際に、トレーラーハウスを活用することはとてもおすすめです。トレーラーハウスを選挙事務所として利用することには、以下のメリットがあります。

  • 市街化調整区域に設置できる
  • 低コストで撤去できる
  • 宣伝効果が期待できる

市街化調整区域に設置できる

選挙事務所に有権者の方が訪問しやすくするためには、駐車場としてのスペースを確保しておく必要があります。多くの訪問が予想される場合は、広めのスペースを確保することが理想的ですが、そもそも市街地にはそのような土地がなかったり、土地代が高額になってしまったりするでしょう。

しかし、市街化が抑制されている市街化調整区域であれば広い土地を見つけやすく、土地代も安いことがほとんどです。そのため、理想的なスペースを確保することができるでしょう。

そして、トレーラーハウスは建築物ではなく、車両として分類されるため市街化調整区域に設置することが可能です。プレハブやコンテナハウスなどは建築物に該当するため、新しく市街化調整区域に設置することが難しいでしょう。

車通りの多い主要道路沿いの市街化調整区域に選挙事務所を構えることができれば、多くの有権者に認知を拡大できたり、多くの来訪を期待できたりと様々なメリットがあります。市街化調整区域に設置できるということは、トレーラーハウスの大きな魅力です。

低コストで撤去できる

単独で選挙事務所を構えた場合、通常は選挙活動が終了したあとに選挙事務所を解約・撤去する必要があります。そのため、撤去費用が発生することも考慮しなければなりませんが、トレーラーハウスであればすぐに移動することができるので、低コストですぐに撤去することが可能です。

更地に戻すことも容易なので、撤去に時間もかかりません。選挙事務所のトレーラーハウスはそのまま自宅の庭に置いておくことも可能です。書斎やワークスペースとして利用したり、不要であれば売却したりできるため、撤去後の使い道も困ることがないでしょう。

宣伝効果が期待できる

トレーラーハウスは近年普及が拡大しておりますが、まだ街中で見かけると珍しいという印象があります。つまり、トレーラーハウスというだけで人の目を惹きやすく、多くの方の目に留まるので高い宣伝効果が期待できます。

認知拡大や来訪に影響を与えることができ、選挙活動を有利に進められるかもしれません。

万全な準備で選挙に臨みましょう

選挙事務所の開設に関する情報を詳しく解説しました。

選挙活動を進める拠点となる選挙事務所は非常に重要なので、早めに準備を進めて万全の体制を整えておきましょう。選挙事務所を構える方法はいくつかありますが、選挙活動に特化した事務所にする場合は、単独で構えることをおすすめします。

単独で構える場合、トレーラーハウスを選挙事務所にすることは多くのメリットがあるためおすすめです。HCTはトレーラーハウスの製造・販売を行っておりますので、何か気になることがあれば。お気軽にお問い合わせください。

トレーラーハウスで 見つける 新たな可能性!

トレーラーハウスについて詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください。

Share this article
キャンプ場経営に必要な資格や費用は?成功させるポイントを解説

キャンプ場経営に必要な資格や費用は?成功させるポイントを解説

寝室に書斎を作るデメリットを解説!快適な書斎を作るコツとは?

寝室に書斎を作るデメリットを解説!快適な書斎を作るコツとは?

飲食店向け物件探しの方法とコツを解説!気になる居抜きのメリットは?

飲食店向け物件探しの方法とコツを解説!気になる居抜きのメリッ...

CONTACT

トレーラーハウスに関するご質問やご相談は
お電話もしくは以下フォームからお気軽に
お問い合わせください。

COPYRIGHT © HCT. ALL RIGHTS RESERVED.